Nike SB dojo | スケートパーク

 みなさんこんにちは。お正月雰囲気も今週あたりから落ち着き始めましたね…
──30 - G'day mate!!!

2013.01.11
 みなさんこんにちは。お正月雰囲気も今週あたりから落ち着き始めましたね。見渡すと周囲を取り巻く環境も、しばし忘れていた日常を取り戻しつつあるように思われます。そしてまだまだ寒い日本の冬は続くわけですが、この瞬間、真夏を迎えている地域があります。
 南半球に位置し、世界で最も大きな島であると同時に、最も小さな大陸でもある国、それがオーストラリア。太古の昔、大陸から地殻変動により切り離され孤立したことで、今なお多くの有袋類(カンガルーやコアラ、ウォンバットなどなど)が生息することを可能にする外界から影響を受けにくい広大な国土と安定した気候、思わず息を呑む美しさの大自然に、果てしなく広がる海岸線、そして建国以来受け継がれてきた「何事も恐れない移住者精神」は、この土地に生まれ育ったスケーターたちのスタイルにも大きく反映されているように思えます。一言で表すならば、「豪快」という言葉がそれに当てはまるのではないでしょうか。 僕が知り得る最高のFeeble Grindの持ち主であるチャド・バーティやマット・マンフォードを筆頭に、多くのスキルとパワフルさを兼ね備えたトップクラスのスケーターを世界に送り出し続けるこの土地から、今回特に気になる3名をピックアップしてみました。
 野性味あふれる豪州スタイルをビール片手にお楽しみ下さい。

--TH (Fat Bros)

  • BRIXTON
  • STANCE