Nike SB dojo | スケートパーク
Personal Data of Skateboarders
id: no.112

DANIEL HANEY

2015.05.13

かつてArcadeのプロライダーとして果敢にハンドレールに突っ込み、現在は自身のスケートカンパニーやショップを運営しながらAutobahnやBones Bearingsに所属するダニエル・ヘイニー。自ら撮影・編集を担当し、自身を題材にしたドキュメンタリー映画『Mid Life Crisis(中年の危機)』を鋭意制作中。現在は、日本、台湾、タイなどアジア諸国にて自分探しを行っている

Q & A
  • 出身地:
    アーカンソー州ローズシティ
  • 肩書き:
    ダニエル・ヘイニー
  • スタンス:
    レギュラー
  • スポンサー:
    Haneywood SkateboardsAutobahn Wheels、 TeL Clothing、 Bones BearingsVansSOO WAAT supplies
  • 靴のサイズ:
    US 9
  • 生年月日:
    1976年2月11日
  • スケートを始めた年:
    1987年
  • 好きな数字:
    43
  • 撮影中の映画『Mid Life Crisis』について:
    本作はオレの進化をフィーチャーしている。スケートを通して貧困から脱し、19歳で夢を掴むために未知のカリフォルニアへ。そこでさまざまな経験を積み、自分のスケートカンパニーであるHaneywoodを立ち上げた。今はそんなオレの人生を記録しているところ。来年の40歳の誕生日に本作と一緒にビデオパートをドロップさせる予定。
  • 日本に来てびっくりしたこと:
    スケートスポットが見つからない。
  • まだまだ若いヤツに負けないトリック:
    若いヤツに負けても構わない。スキルではなく姿勢で若者に影響を与え、夕焼けに向かってクルージングするだけさ。
  • 好きな映画:
    『カサブランカ』、『ファイトクラブ』、『ビッグ・リボウスキ』、キューブリック、コーエン兄弟、クリストファー・ノーラン、タランティーノ全般。
  • BEER or WEED:
    LSDが一番だけど、人生そのものが一番好きなドラッグ。
  • 好きな体位:
    3P。
  • アジア旅行の醍醐味:
    3P。
  • 自身のデッキブランドHaneywoodの魅力:
    素材、シェイプやグラフィックを自分で決められる。どこかに所属するよりも収入は減るけど、デッキを作るというアートが素晴らしい。
  • Bones Bearingsの凄いところ:
    濡れてもタフでハイスピード。ちなみにAutobahnのウィールも最高。夢のようなタッグ。
  • かつて苦戦したハンドレール:
    LAのダウンタウンのハンドレール。8段フラット8段フラット8段で最後にキンク付き。ナイジャならすぐにメイクするだろうね。
  • ハンドレールの魅力:
    自由な動き、バランス、恐怖!
  • 最近ハマっているスケートスタイル:
    一生スケートをしたいから主にトランジション。サーフィンを覚えたことですべてが変わった。動きそのものに専念してスケートの真の意味を探っている。
  • テンションの上がるパート:
    ガイ・マリアーノ全般、『Public Domain』のダニエル・ゲズマー(YouTube)。
  • テンションの上がる音楽:
    ひとつに絞れないけど、レゲエ、パンク、ロックなど。
  • チルするときに聴く音楽:
    クラシック。ヨガをしながら聴くことが多い。
  • 最近覚えたこと:
    現実は心が作り出すもの。
  • 願い事がひとつ叶うとしたら:
    愛する者が豊かで幸せな人生を送れますように。
  • 座右の銘:
    楽しくなければ、それは間違ったやり方。心に従い、夢を見ろ!
  • スケートの魅力:
    自由な動き。鳥や魚になったような感覚。

  • VOLCOM
  • VANTAN