Nike SB dojo | スケートパーク

100回トライしてメイク出来なくても101回目、102回目で必ずメイク…
──AKIRA ISHIZAWA STAND UP PROJECT TEE

2017.09.16

100回トライしてメイク出来なくても101回目、102回目で必ずメイク出来る。

数の例えは違うかもしれないが、スケートボードの撮影などでは同じトリックを何回もトライする。

それが次にメイクするかもしれないしその何十回後かもしれない場合がある。

スケートボードのトリックは諦めたら出来ない。それは人生全てのことでもそうだ。

そういったことをたくさん自分の前で体現してみせてくれたのがイーサンこと石沢彰というスケートーボーダーだ。

自分がwheelマガジンの編集員をしている時、BPトレーディングのビデオ撮影をしていた時も、白TEEの背中を真っ黒に汚しながら何度も「いけるっしょ!」、「次いけるっしょ!」と、どんなに激しいスラムをしても口元に笑顔を浮かべて、すぐさまもう一回もう一回とトライしていく、そして本当に100回トライしているんじゃないかと思うくらい苦戦していても101回目とかに神憑った様にクリーンにメイクするのを何度も目撃してきた。真っ黒になった白TEEの裾で汗を拭いながら「な!メイクしただろ」ってとびきりの笑顔でそう言いたげにカメラの方に戻ってくる。

そんなイーサンが今膵臓癌と戦っている。何回も何回も色々な治療法にトライして膵臓癌を克服しようとトライしている。きっとスケートボードのトリックをトライする時と同じ様に白TEEの背中を真っ黒にして戦っている。

トライし続ければメイク出来る。それは人生の全てのことにおいて言える。

それをいつも目の前で見せてくれていたのがイーサンです。

きっと今回も100回くらいトライしても諦めず101回目、102回目にいきなりクリーンにメイクしてとびきりの笑顔をみせてくれるはずです。

でも今回は少しハードなトリックでみんなの力が必要です。少しばかりイーサンがトライする今回のトリックに力を貸してください。いつもみんなでスケートボードをする時みたいに着地地点の小石をどけたり、プッシュする場所が短いからベニアをしいたり、スポットの入り口の小さな段差に鉄板をしいたり、板が川に落ちない様に柵の前でサポートしたりといつもの感じでイーサンのトライをサポートしてください。

それは今回はこの白いTEEを買うことだったり、日本全国のスケートショップに設置されはじめているイーサンへの募金だったりするのでイーサンのメイクのためにサポートをしてください。

イーサンは白TEEが似合うんです。それもスケートしまっくて真っ黒になった白TEEが似合うんです。

俺は、そんな真っ黒に汚れた白TEEでメイクしたあとに見せるとびきりの笑顔が見たいんです。

みなさん。少しばかり力を貸してください。お願いします。

2018/09/16
柳町 唯

今すぐサポート出来るサイトと詳細のリンクは下記からお願いします。

AKIRA ISHIZAWA STAND UP PROJECT TEE

YUH YANAGIMACHI
YUH YANAGIMACHI
柳町 唯
(自称印象派スケートボーダー/自称スケートボードコンサルタント)

自身が立ち上げた適当極まりないSNAKE'S PORNO WHEELというブランドを運営しつつ、ファッション誌やカルチャー誌または不動産のサイトなどでもライターをしているという謎な人。過去にビデオパート(www.vhsmag.com/features/yuh-yanagimachiなど)を多数発表しており、程よい親近感の湧く緩いトリックの数々がその筋のスキモンな方々から定評のあるスケート歴30年オーバーな日本スケートボード界の裏事情通。アメリカはペンシルベニアのLostsoul skateboardsからシグネイチャーが出ているというのも物凄く謎な経歴。
Sponsors
  • CONVERSE SKATEBOARDING
  • GRIZZLY