Nike SB dojo | スケートパーク
Personal Data of Skateboarders
id: no.279

AL DAVIS

2018.08.01

Quasiのフルレングス『Mother』でRAWなスケーティングを披露したアル・デイビス。FTC TOKYOで写真展を開催するなど、最近はフォトグラファーとしても活動中

Q & A
  • 出身地:
    ケンタッキー州コヴィントン、オハイオ州シンシナティ
  • 肩書き:
    Black is Beautiful
  • スタンス:
    レギュラー
  • スポンサー:
    QuasiConverse CONSAYCIndependentOJ WheelsFTC
  • 靴のサイズ:
    9.5〜10インチ
  • 生年月日:
    2018年7月10日
  • スケートを始めた年:
    たしか1996年。
  • 好きな数字:
    スケートを始めた年齢の12。
  • FTCでの写真展の手応え:
    たくさん人が来てくれたし、また日本に来ることができた。
  • いい感じに写真を撮る秘訣:
    変なものを撮ること。
  • 名古屋トリップのハイライト:
    新幹線に初めて乗ったこと。最初は怖かった。最高のスケートスポットが忘れられない。
  • Motherに一言:
    143とは愛しているという意味。
  • GX1000での印象深い出来事:
    真の愛。
  • AYCの魅力:
    金。
  • 天敵:
    ケガ。
  • 最近困ったこと:
    クレーマー。
  • これだけはやめられない:
    空港で食い物を拝借。
  • 日本に来たらすること:
    東急ハンズ、日が昇るまで遊ぶこと、美女とラブホテル。
  • 東京のスケーターの印象:
    クイックの先駆け、VX1000のクイック撮影、1000mphのクリエイティビティ。
  • 日本の女の子の印象:
    ファッションセンスがいい、桜のようにいつもフレッシュで甘い。
  • 好きな女のタイプ:
    ムチムチでジューシーでかわいい子。
  • 巨乳 or 巨尻:
    クソでかい巨尻。
  • 得意な体位:
    ドギースタイル。
  • 最近後悔したこと:
    このインタビュー。

  • NEW ERA
  • ETNIES