Nike SB dojo | スケートパーク
Personal Data of Skateboarders
id: no.149

JOHN CARDIEL

2016.02.03

CHROME TOKYO HUBのオープニングを記念して来日を果たしたばかりのジョン・カーディエル。不慮の事故によってスケートキャリアを絶たれるも、ピストバイクライダーやレゲエのセレクターとして精力的に活動を続けている。バイクライドやDJの活動を通して、ポジティブなヴァイブスを放出中

Q & A
  • 出身地:
    カリフォルニア州サクラメント
  • 肩書き:
    国際的バカ
  • スタンス:
    グーフィー
  • スポンサー:
    Anti HeroVansSpitfireIndependentChromeOfficial
  • 靴のサイズ:
    9.5インチ
  • 生年月日:
    1973年12月14日
  • スケートを始めた年:
    1982年
  • 好きな数字:
    9
  • 影響を受けたスケーター:
    マーク・ゴンザレス。
  • 自身のベストパート:
    『Fucktards』と『Cow』。
  • 『Fucktards』の裏話:
    仲間がよく口にしていた「Fucktard(クソ野郎)」という言葉がタイトルになった。編集はトービン・イエランドとジュリアン・ストレンジャー。
  • 最近ハマっていること:
    音楽、レコード収集。毎週木曜にサクラメントのハコでDJをしている。
  • レゲエの魅力:
    ウィットに富んでいる。時代時代の時事ネタを歌っている。オレにとってはニュースのようなもの。
  • DJをするときに心がけていること:
    フロアを確認して観客が楽しんでダンスできるように気を配る。
  • お気に入りのレコード:
    Bugleの“Anointed”。
  • 最近リリースしたコラボアイテム:
    Maple XOからリリースした、乗り古したデッキで製作した7インチレコードアダプター。重さも完璧で使いやすい。
  • CHROMEのお気に入りのバッグ:
    Shank、ORP、Fortnight。中でもORPをよく使っている。軽くて防水で最高。
  • CHROMEの魅力:
    シグネチャーバッグを通してオレのアイデアを形にしてくれる。
  • CHROMEで実現したい企画:
    ジョン・イゲイ、マッサン、マイク・ヘルナンデスと東京から大阪まで自転車でロングライド。
  • 日本でのカルチャーショック:
    カルチャーショックというよりは言葉の壁が大変。つねに混乱している感じ。
  • 日本で回ったレコードショップ:
    Coco-isle、Jammers、Rockers Island。
  • 日本でのBEST思い出:
    オレの古い仲間、Omiが四国からCHROME TOKYO HUBのオープニングパーティに駆けつけてくれて一緒にDJできたこと。あとはMighty Crownのライブに行けたこと。
  • 日本のスケーターに一言:
    オレの活動やクリエイションをサポートしてくれてありがとう!

  • VOLCOM
  • SK8MAFIA