Nike SB dojo | スケートパーク
Personal Data of Skateboarders
id: no.302

JULIAN KLINCEWICZ

2019.01.09

スケーター、映像作家、アーティストやミュージシャンとしても活動するFACT.のジュリアン・クリンスウィックス。これまでにGosha Rubchinskiyと映像プロジェクトでコラボしたりCalvin Kleinのキャンペーンを手掛けたりとさまざまなフィールドでマルチな才能を発揮している

Q & A
  • 出身地:
    カリフォルニア州サンディエゴ
  • 肩書き:
    アーティスト/スケートボーダー
  • スタンス:
    グーフィー
  • スポンサー:
    FACT.、VCH Skateboards
  • 靴のサイズ:
    8.5インチ
  • 生年月日:
    1995年8月31日
  • スケートを始めた年:
    2001年か2002年
  • 好きな数字:
    9
  • 影響を受けたスケーター:
    マーク・ゴンザレス。
  • 自国自慢:
    美味い食事、Gym Standard、母親、ワシントンストリートスケートパーク。
  • FACT.に加入したきっかけ:
    ブランドがスタートした頃にライアン・アランとデイモン・ウェイと出会って何かコラボしようと話し合ったこと。
  • FACT.の魅力:
    チームライダーが全員ヤバい!
  • 日本で食べて美味しかったもの:
    おにぎり。
  • 日本での印象深い出来事:
    音楽を聴きながら雨の夜を散歩したこと。
  • 挨拶以外で覚えた日本語:
    バター。
  • お気に入りのギターソング:
    Women “Eyesore”。
  • スケートと音楽制作の共通点:
    感情と表現。スケートを通じて外の世界を知り、音楽を通じて内の世界を知ることができる。両方ともアーティストや人間としての自分を成長させてくれる。さらに言えば両方とも楽しい。
  • 最近爆笑したこと:
    タイラー・ゴールデンがセックスをする際に使ういろんなニックネームについて話していたこと。
  • 最後に記憶を無くしたとき:
    一度もない。
  • 最近感じた矛盾:
    スマホを見る時間の長さ。
  • 身の危険を感じた出来事:
    ジョセフ・カンポスのバック3。
  • これだけはヤメておけってこと:
    現状に満足することと背伸び。
  • いま取り掛かっているプロジェクト:
    ドーラン・スターンスとのスケートブランド、VCH。
  • 目標:
    いつか世界中の美術館で展示をやりたい。美しくて面白い作品を作るためにいろんな表現をしたい。

  • PRIME
  • NB Numeric: New Balance