Nike SB dojo | スケートパーク
Personal Data of Skateboarders
id: no.272

PATRIK WALLNER

2018.06.13

Visualtraveling名義で僻地を訪れ、数々のツアービデオを制作してきたパトリック・ウォールナー。10年間に訪れたヨーロッパとアジアの101ヵ国で撮影された作品をコンパイルした写真集『The Eurasia Project』をリリースしたばかり。adidas Skateboarding Japan『The Splits』のディレクターでもある

Q & A
  • 出身地:
    現時点でホームと思えるのは香港
  • 肩書き:
    映像作家
  • スタンス:
    レギュラー
  • 靴のサイズ:
    10 1/2インチ
  • 生年月日:
    1987年3月8日
  • スケートを始めた年:
    2001年
  • 好きな数字:
    27
  • 『The Splits』の撮影秘話:
    イントロで(池田)幸太と(村岡)洋樹が降りられる階段を探すのが大変だった。この作品にはストーリーが必要だったから最終的に絵コンテを書いていた。CM撮影のようだった。
  • 気になる日本人スケーター:
    洋樹しかいない!
  • 旅の醍醐味:
    背景が異常な珍しいスポットと遭遇して、そこでラインを撮影できること。
  • 自身の作品で一番のお気に入り:
    絞るのは難しいけど『Melodies for the
    Lemurs』。他界したWilkoとの最後の旅だったから想い出深い。『Gurus of the Ganges』、『Meet The Stans』も観ていて楽しい作品。
  • これまでのBESTツアー:
    長い電車の旅。
  • 第三国を訪れる魅力:
    予期せぬ出来事、奇妙な現地の習慣や祭り。地球は本当に多様だということを再確認できる。
  • 最高だった国:
    ミャンマーとグルジア。ミャンマーは人と建築物がフォトジェニック。グルジアは自然、ワイン、文化が素敵だった。
  • 一番スケッチーだった国:
    アフガニスタンかな。でもボディガードがいてくれたから安心だった。内戦中のイエメンに入国したときもスケッチーだったけど幸運にも無事だった。
  • 二度と戻りたくない国:
    ジブチ。
  • 旅先での最悪の出来事:
    病院がない僻地での怪我。仲間が苦しんでいるのを見るのは辛い。
  • 一緒に旅に行きたくないタイプ:
    現地の食事を食べないスケーター。
  • 次に行きたい場所:
    南アフリカとアフリカ諸国。
  • ホームシックになる瞬間:
    だいたい旅に出て2、3週間。
  • ヤバかった経験:
    2013年にインドのクンブメーラ祭りにショーン・マルト、マーク・スチュウ、ネスター・ジャドキンス、シーボ・ウォーカー、ジョナサン・メリングと参加したこと。
  • 印象的な経験:
    北朝鮮のアリラン祭。スタジアムで10万人が合唱している光景はこの世で一番クレイジーだった。
  • 最近知って驚いたこと:
    日本の鉄道会社がまた予定よりも早く発車したと謝罪したこと。もう今年で2回目。面白いね。
  • 旅の前の験担ぎ:
    前かがみのフィッシュアイ撮影に備えて、リラックスするためにプールで泳ぐ。

  • FTC
  • BERLE PRO - VANS