Nike SB dojo | スケートパーク
Personal Data of Skateboarders
id: no.145

SHOGO TANAKA

2016.01.06

KUKUNOCHIプレゼンツの『RAW-FI』の強烈なフルパートにて、スピードジャンキーっぷりを遺憾なく発揮した濱っ子の田中晶悟。往年の著名スケーターに負けず劣らずのオーラを纏ったナチュラル・ボーン・スケーター

Q & A
  • 出身地:
    横浜市
  • 肩書き:
    スケートボーダー
  • スタンス:
    グーフィー
  • スポンサー:
    Quasi Skateboards(flow)、 Independent TrucksBones BearingsBlaze Pipeinfinity Balance
  • 靴のサイズ:
    26㎝ or 26.5㎝
  • 生年月日:
    1994年1月26日
  • スケートを始めた年:
    2008年
  • 好きな数字:
    625
  • 横浜と言えば:
    Fabric。
  • ヘビーローテーション:
    ヒールフリップ。
  • スケートのクソなところ:
    身体が痛くなること。
  • 一番つらかった怪我:
    今のところまだ治る程度の怪我で済んでいます。
  • 自分の黒歴史:
    黒豚、黒胡椒、黒卵。
  • 最近笑ったこと:
    知らないキッズが物凄いパワーで何度もハイファイブしてくれたこと(笑)。
  • 今すぐ行きたい場所:
    2年前から変わらずサンフランシスコ。
  • 東京の恐ろしいところ:
    時間の流れが速い。
  • 女の難しいところ:
    難しいからこそ面白い。
  • 逆ナンされた件:
    モテる方では無いので分かりません。
  • お気に入りのシャンプー:
    玉の肌シャンプー【fig】。
  • 『RAW-FI』の反響:
    たくさんの方々に連絡を頂きまして、少しは恩返しできたかなと思います。これからもスケートと向き合って行きます。
  • Kukunochiライダーの魅力:
    スタイルの異なるライダーたちがそれぞれの個性を最大限に発揮できていること。ウルくんが動ける環境を作ってくれることもクルー全体の魅力に繋がっていると思います。
  • 影響を受けるスケーター:
    人望に厚くみんなのリーダー的存在→漆間正則さん、僕にとって存在感とエネルギーに満ち溢れている人→石沢 彰さん、環境に惑わされずいつも誠実な人→松尾裕幸さん。
  • 感謝したい人:
    家族、仲間、彼女。
  • 2015年を漢字一言で表すと:
    滞。
  • 2016年に成し遂げたいこと:
    日々精進。
  • 4年前の自分に一言:
    日々を大切に。

  • VOLCOM
  • NB Numeric: New Balance