Nike SB dojo | スケートパーク

自分の想像を遥かに超える動きをするスケーターが国内にも数名おりまして、そのひとりがスケート…
──SHIGE

2016.04.14

 スケート歴も長いけど、いわゆるスケート業界(?)に携わるようになってからもそれなりのキャリアというか時間が経っているので、有名無名問わず多くの猛者たちのスケートを目の当たりにしてきたわけです。天才、努力家、言い訳マンから単なるポーザーまで、大勢のスケーターとセッションを重ねてきました。
 ゆえに、自慢ではないですがそれなりに目が肥えてはいるので、ある程度の時間が経てばスケーター個人の持つポテンシャルというか、どれぐらいのトリックを持っていて、なにが不得意で、どんなパフォーマンスに向いているのか、なんてスケート戦闘力を概ね推量できたりします(上から目線!?)。
 仕事で撮影現場にいる際には、そのあたりのパワーゲージみたいなものを理解していないと事故やケガに繋がる場合もあるので、ときにはリングにタオルを投げ入れたり的なシチュエーションもあり(基本ライダーまかせですが)、職業柄必要なファクターだと思っております。
 そんな前置きはさておき、自分の想像を遥かに超える動きをするスケーターが国内にも数名おりまして、そのひとりがスケート職人シゲこと重藤悠樹であります。この男のスケートスタイルを一言で形容したり何がしら系のカテゴリーに当て込むのはもはや不可能。テク、R、回し、スイッチ、クイック、オールド、ニュー、なんでもござれ。しかも、目にしたことないというかトリック名すらわからないような動きを小出しにしてくるので手に負えない。
 そんなシゲが、新プロジェクトにジョインしました。アパレルブランドとして人気を博すMagical Mosh Misfitsが発足したデッキブランド、M×M×M Skateboardsのプロライダーとしてデビュー!! でもって特集記事が公開されているので、スケートに興味がある人もない人も、運気が上がっている人も下がっている人も一度ご覧になっていただきたい。「さあ行くよ、おいで、アダムの分身そしてリリンのしもべ」

--KE

 

 

mxmxmskateboards
[FILE] MxMxM SKATEBOARDS

  • VOLCOM
  • VANTAN