Nike SB dojo | スケートパーク
Personal Data of Skateboarders
id: no.075

RYUICHI TANAKA

2014.08.20

大阪を拠点とするウィールカンパニー、Strushのディレクターを務める田中竜一。スケートビデオ保有数が日本一とも噂されるスケートオタクであり、ビデオグラファーとしても活動中。トリックセレクションのセンスの良さに定評のあるスケーターとしても知られている。代表作はStrush『Collective Improvisation』、『Cityscape』など

Q & A
  • 出身地:
    大阪
  • 肩書き:
    スケーター、Strush Wheelsディレクター
  • スタンス:
    レギュラー
  • スポンサー:
    Shelter SkateshopHARDZEISSStrush Wheels
  • 靴のサイズ:
    10
  • 生年月日:
    1976年2月6日
  • スケートを始めた年:
    1991年
  • 好きな数字:
    1995
  • スケビ保有数:
    DVD合わせて900〜1000ぐらい。
  • 一番リスペクトするスケートビデオグラファー:
    国内は森田貴宏、海外はダン・ウルフ。
  • もっとも影響を受けたスケーター:
    梶谷雅文、森田貴宏、中村久史。
  • ベストスケートシューズ:
    Vansのハーフキャブ(ハイテクシューズ2足分の重さ)。
  • 最近調子に乗ったこと:
    カリストでハーフキャブ2足買い。
  • 最後に仮病を使ったとき:
    病気をしないので仮病が使えません。
  • よく使う言い訳:
    寝てない。
  • 大阪自慢:
    みんなとても優しいです。
    • Strushを始めてよかったと思う瞬間:
      作品を見た人からありがたいお言葉をいただいたとき。
    • HAYASHI TRADINGはこんな所:
      ここ何屋さんですか? 喫茶店?
    • 人に重傷を負わせた経験:
      VHSMAGウェブディレクターT.0の鼻を折ったこと。脚払いしたら彼の顔が膝に落下。冷やす氷がなかったので、凍った食パンを鼻におさえ深夜の病院へ直行。そして入院。本当にごめんなさい。
    • かつてVHSMAGのT.OとM.Kと同居した思い出:
      編集長の3帖半キッチン生活とウェブディレクターの穴蔵生活。毎日来るケン・ナガハラと早朝大家の奇声。
    • フロに入りたくない理由:
      ただ単にめんどくさいだけです。今は毎日入っております。加齢なる歳なので。
    • 父親になって変わったこと:
      スケートスポット写真と同じくらい息子の写真が増えたこと。息子の成長が楽しみです。
    • 奥さんに言われてショックだった言葉:
      「おっさんの臭いがする」。
    • 奥さんの一番好きなポイント:
      ダメ出し。されないよう日々精進しております。
    • 好きな体位:
      D.D.T.。
    • 関わりたくない人:
      中野のシュンザファイヤー。また豊海屋に連れてって!!

  • FTC
  • Almost Skateboards