Nike SB dojo | スケートパーク

SOCKS SUCK
──ノーマーク

2019.07.05

 じわじわと暑さが増していく今日この頃、本格的な夏到来ももう間もなくですな。気温もいよいよ30℃あたりになってくると汗もダクダク、靴もムレムレ。靴を脱ぐと「足クッサ! 靴下クッサ〜!」なのがツライ時期…。
 さてさて、今日はそんな靴下事情。みなさん、普段はどんな靴下で出かけていますか? スケート行く時はやはり、スケートブランドのものをオシャレに履いて気分をアゲていきたいところ。逆に仕事や学校ではどうでしょう? あまり派手なデザインは控えないといけないはずです。自分はと言えば、仕事オンリーな日にまでわざわざ足元を飾ろうとは思わないので、チープなその辺の靴下などで済ませることが多いです。
 ここしばらく愛用していたとある3足組の靴下が調子良く気に入っていたのですが、穴が開いたのでゴミ箱行き。同じものがどこにもないので、しぶしぶ別ブランドの3足組を購入。が、それがどうやら様子がおかしい。履いた初日からやけにフルーティな香り(臭い!!)を放つではないですか。「3足1000円の安物だし仕方ないか」と我慢するも早くも限界。そこで友人に相談したところ「それポリエステル製のヤツじゃない? 綿多めのヤツだと臭くなりにくいよ」とのアドバイスが。なるほど、これまで靴下の素材にまで気を使ってこなかった自分。そんな友人のオススメは無印良品の靴下。「今履いてるのがそれで、マジ臭くないから1回嗅いでみて!」と半ば強制的に嗅がされたのだが、た、確かにあまり臭わない。そこで僕もすぐさま無印の店舗にGo。無印良品は好きだけど、ぶっちゃけ靴下に関しては明るいカラーのものはなく、どちらかといえばビジネス風でオッサンくさいと思っていた自分。よく見りゃ地味カラーながらシックで、スケートの気分も高めてくれそうなものもケッコーあるじゃないですか。で、実際の使用感といえば期待通り! 以来、あの香りに悩まされることはなくなり、今は健やかな毎日を送ることができています。それでいてお値段、3足選べて890円なのだから企業努力すら感じてしまうぐらい。どうしてこれまでノーマークだった(無印だけに…)?
 衣料品にほとんどあるはずの組成表示。スルーしがちだけれど、実はYo! Chuiな情報なのだと実感させられた今日この頃。同じような悩みをお抱えの方がいればぜひ試して頂きたい、綿使用の靴下(その他にもウール、麻など天然素材が多く使われた製品が良いそう)。これで安心してスケートにも行けますねぇ。そんでアフターに靴を脱ぐような居酒屋に行ったり、人の家にお邪魔するのももう怖くねぇぜ、メーン(綿だけに…)!

─Kazuaki Tamaki(きなこ棒選手)

 

  • NEW ERA
  • Bones Skateboard Bearings